ブログの風評被害についての事例と対策について!

ブログの風評被害の仕組み

ネットを利用していると、様々なツールを利用したくなってきますよね。若者を中心に人気があるのは、ブログでしょう。アカウントさえあれば、誰でも無料で作ることができますから、非常に便利ですよ。しかし、些細なことがきっかけで風評被害にあうことがあります。仕組みとしては、ブログは個人の意見をかけるために商品紹介などもして良いのです。商品紹介をして、その商品に不祥事があった場合には批判の対象となり、自分はただ紹介していただけなのに、誹謗中傷されてしまうのです。

ブログでの風評被害対策はどうすれば良いか!

では、ブログをしている時に風評被害にあってしまったらどうすればよいでしょうか。対策としては、二つあります。まずは、ブロック機能とフィルタリング機能を使用するといったことです。これらは、誹謗中傷しているユーザーに向けてなのですが、使用するとコメントを出来なくすることができます。IPアドレスからブロックできるために、どの端末からでもできなくなるために効果的です。二つ目に、鍵付きのブログにするということです。これは、自分が承認した人しか見られないようになるために、非常にお勧めです。

風評被害がエスカレートしたら?

風評被害対策の一つとして、放置するということが挙げられます。確かに自分がコメントを気にしないでそのままブログを書き続ければ良いのですが、調子に乗ったユーザーはそれをいいことに更に酷い誹謗中傷をすることがあります。住所を書き込まれたり電話番号が書き込まれたり、非常に大変なことになってしまうので、注意しなければなりません。こうなったときは、まず弁護士に相談するとよいでしょう。警察も良いですが、証拠がないと取り合ってくれないために、弁護士に相談すると良いです。

企業における効果的な風評被害対策は、マタニティハラスメントやセクハラなどを防止する制度を整えることです。