初心者は必見!LINEスタンプの作って販売する方法

手描きで簡単に作ろう

LINE上で使うことが出来るLINEスタンプは購入することができますよね。買うことが出来る以外に自分で制作する事もできるのです。これは様々な方法があるのですが、最も手軽に作りたいのであれば手書きのものを制作するといいでしょう。鉛筆やマジックを使って好きなキャラクターを作ります。スキャナーを使ってイラストをパソコンに取り込んで、あとは規定のサイズに修正するとLINEスタンプを作ることが出来るのです。

パソコンでサイズ調整しよう

パソコンの取り込んだだけではダメで、これをサイズを調整しないと投稿したものが却下されてしまいますよ。スタンプ画像のサイズは370?320ピクセルになっているので、これを画像編集ソフトを使って修正しましょう。このサイズはあくまで最大サイズなので、これ以下のサイズでも構いません。LINEスタンプのデータサイズですが、これは1個が1MB以下で制作しないといけないので確認しておきましょう。また、カラーモードはRGBにしておきます。

必要な物をすべてを用意しよう

制作するときにはメイン画像を用意することになるので、これはPNG形式で240?240ピクセルのものを用意します。スタンプ画像は全部で40個必要になるため、これを制作しておきPNG形式で保存するといいです。トークルームタブ画像もいるのですが、これは1個作りますよ。こちらはPNG形式で96?74ピクセルのものが必要です。全部で42この画像が必要になるのですが、これをZIPファイルにしてアップロードする事もできます。販売基準を満たしていて、審査に合格すると売ることが可能になるのです。

人気のあるLINEスタンプは、日常生活で使いやすいデザインや、人気アニメや芸人などのキャラクターに関係するものが多いです。