どうしてあのECサイトは売れている!?愛されるサイトになるための心得

信頼は重要なファクター

ECは小売りで使われるマーケティング戦略がある程度通用することもあるといわれたりしますよね。しかし、決定的に違うのは信用という要素の重みで、それがなければ、どんなにサイトの見た目がよくて、商品が安くても、買ってもらえません。極端にいうならば、たとえ商品がよかったとしても何かしら信用を失墜させている要素があるならば、売れないこともあるでしょう。知らない人から声をかけられて、物を買わないかと言われても、それがたとえ安かろうともほとんどの人が購入を躊躇うのと同じで、ECの世界ではこのようなことが日常茶飯事におきていて、消費者から見て怪しいサイトは多く存在しています。

信用はどこで失われるか

では大手のショッピングサイトに出店して入れば問題がないといえるでしょうか。今はネットの時代ですからネット上のどこかしらでつぶやかれた、ちょっとした不平不満が評判を落としてしまうきっかけになることもあるのですよ。商品云々よりもスタッフの対応や問い合わせの対応の速さなど信用のないところには個人情報をあずけたくないと考えられてしまいます。自分のECサイトの売り上げがなかなかあがってこないならば、まずは、何かしらの理由で信用が失われてはいないか考えてみましょう。ECサイトの信用をより高めていくにはどうするべきか考えた時、関係性、つまり信頼感というのも1つキーワードになるでしょう。

求められているのはスピード

信頼はその商品の質の積み重ねで構築されるものですが、商品の質を超える要素が一つだけあるとしたら。スピードでしょう。待っている間が楽しいのよね、なんて言っていた時代は終わり、今は当日、翌日に届くスピード配送が普通で、遅いというだけで不良品というレッテルを張られてしまうほど、とても重要な要素になります。逆に商品の質が少しくらいおちても、スピーディーな対応ならば許されてしまうということも少なくはないのですよ。ECサイトはスピード感を求めている顧客に対してオペレーションしていく必要があり、顧客の期待値をサイトやメルマガ、ブログなどを通じてコントロールすることがポイントになります。

ecサイト構築では、通常のホームページデザインに加え、決済システムや宅配システムとの連携を検討する必要があります。